造礁サンゴ骨格の窒素同位体比から復元された過去150年間の黒潮流量の変動

論文発表のお知らせ

 

当研究所の所長山崎敦子、理事長渡邊剛が他団体との共同研究で20世紀の黒潮流量の長期復元に世界で初めて成功いたしました。

 

論文「造礁サンゴ骨格の窒素同位体比から復元された過去150年間の黒潮流量の変動」をプレスリリースいたしましたのでお知らせします。

 

北海道大学 お知らせ/プレスリリース/研究発表

https://www.hokudai.ac.jp/news/160704_sci_pr.pdf

 

CREES サンゴ礁地球環境学 渡邊研究室

https://www.sci.hokudai.ac.jp/grp/crees/CREES-web/Reseach_hightlight.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です