ジュニアドクター育成塾 鹿児島県の機関では初の選定! KIKAI collegeジュニアドクター制度 受講生の募集を開始

2021年度からJSTジュニアドクター育成プログラムの一環として、サンゴ礁とその地域での研究の種を発見する1年間のコース「KIKAI collegeジュニアドクター制度」を新たに開設

喜界島サンゴ礁科学研究所(鹿児島県喜界町 理事長:渡邊剛)は、科学技術振興機構(JST)が科学技術の発展を牽引する人材育成を支援する「ジュニアドクター育成塾」において、鹿児島県では初となる機関として、2021年5月18日に選定されました。 
ジュニアドクター育成塾は、科学技術のイノベーションを牽引する傑出した人材の育成に向けて、理数・情報分野の学習等を通じて、高い意欲や吐出した能力を有する小中学生を発掘し、能力を伸ばすことを目的とした支援制度です。
実施機関は全国で30機関、主に国立大学や高校専門学校で実施されるプログラムとなっており、弊所は鹿児島県では初、またNPO法人としては2機関目の選定となりました。 本プログラムにおいて弊所では、喜界島という類稀なるサンゴ礁の海のフィールドで、フィールドワークを行うほか、地球環境をテーマに様々な分野の研究者のレクチャーを受講生には受けてもらいます。そして、1年間のプログラムを通じて、課題の発見、理解、研究計画の立案、学会における研究発表をゴールに、さまざまな課題を分野にとらわれずに複合的に解決する力を持つ人物の育成を目指してゆきます。 
本プログラムの選出にあたり、喜界島サンゴ礁科学研究所所長山崎敦子は、「私たちは参加者の皆さんに全国の第一線のサンゴ礁研究者から、サンゴ礁研究の聖地と呼ばれるフィールドである喜界島で学び、地球環境課題をグローバルに牽引する人材になってくれることを期待しています。」とコメントをしています。 
私たちは本プログラムを通じて、サンゴ礁複合科学を通じた、地球環境課題を解決する次世代イノベーターの育成と輩出を今後5年間の支援を通じて目指してゆきます。 
「KIKAI collegeジュニアドクター制度」特設ウェブサイトhttps://college.kikaireefs.org/jr-doctor/

KIKAI college ジュニアドクター制度

■対象:小学校5年生~中学校3年生 

■募集定員:一般選抜30名、奄美群島選抜10名 合計40名 

■登録料:3万5千円 

■参加要件:

  • 1ヶ月に1回程度、所定の場所またはオンラインで行われる講義に参加できる 
  • 自宅のパソコンまたはタブレット端末でのオンラインアクセスが可能である(カメラ付きでzoom等のビデオ会議システムが使用可能なネットワーク環境が整備されていることが必須となります。スマートフォンは不可とします。) 
  • 喜界島および奄美群島で実施される夏休みと春休みのフィールドワークのどちらかに参加できることが望ましい(参加できない場合にはオンラインでの代替プログラムを受講できます) 

■応募期間: 一次募集 2021年6月16日(水)~6月23日(水) 二次募集 2021年6月23日(水)~6月30日(水) 三次募集 2021年6月30日(水)~7月7日(水) ※一次募集の段階で定員に達した場合は、二次募集以降はいたしません。

 ■プログラムスケジュール

サンゴ礁サイエンスキャンプ(2021年8月開催) メンターとなる研究者とともに、  ジュニア4泊5日、アドバンス11泊12日でサンゴ礁とそれを取り巻く環境を観察・体験する。 サイエンスキャンプウェブサイト https://college.kikaireefs.org/camp/


レクチャー(2021年8月~2021年12月開催) メンターにより、各界の共通の地球環境課題をテーマとして、分野横断的な講義を行う。各都市で4回開催し、現地またはオンラインにて参加可能。 


フィールドワーク(2022年3月開催) 「セミナー」「研究レクチャー」を通して、課題を発見した上で新たに研究計画を立てて挑むフィールドワーク。 そのほか詳しいスケジュールなどは特設サイトをご覧ください。 

※)ジュニアドクター育成塾(外部サイト)https://college.kikaireefs.org/jr-doctor/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です