インターンシップ体験記(硯田 暉)

喜界島サンゴ礁科学研究所では、学生・社会人のインターンシップを受け入れています。あなたも研究所にインターンシップにきてみませんか!

インターンシップ生[profile]

●氏名:硯田暉
●年齢:22歳(インターン当時)
●出身:東京都
●インターン期間:2020年8/11〜9/8
●所属:酪農学園大学 4年
●普段学校でやっていること:環境保全、ボランティア
●所属サークル:バレーボール部

Q.喜界島サンゴ礁科学研究所をインターンシップ先に選んだきっかけは?

大学では湿地について学んでいましたが、就職活動中にサンゴ礁の研究がしたいと思い、研究できる場所がないか調べた結果、サンゴ礁科学研究所を見つけました。

Q.担当した業務を教えてください。

機材を使った水質分析と水槽のメンテナンス作業です。

Q.印象に残っている業務内容を教えてください。

過去の海水のサンプルには水質を変化させないために水銀が使われていたので少し怖かったです。

Q.インターンシップを通してどんな気付きがありましたか?

改めてサンゴや海が好きだということに気づくことができました。
研究にはあまり関係ありませんが、島の人達がとても親切でなじみやすかったです。

Q.今後の目標はなんですか?

今回のインターンシップでサンゴ礁について色々学ぶことができたので、これからもサンゴに関わる仕事に就きたいと思います。

Q.喜界島での休日は何をしましたか?

ハワイビーチではとても綺麗なサンゴやサカナをたくさん見ることができたのでとても印象に残っています。夜は星がとても綺麗で流星群が見れたことも印象に残っています。

Q.喜界島で印象に残ったことは?

ハワイビーチではとても綺麗なサンゴやサカナをたくさん見ることができたのでとても印象に残っています。夜は星がとても綺麗で流星群が見れたことも印象に残っています。

タロウさんが連れて行ってくれたジオツアーがとてもよかったです。仕事の後で疲れていた中でありがとうございました。

研究所のインターンに興味を持っている学生や社会人の皆さんにひとこと。

私がインターンシップに参加していた時は学生だけでなく社会人の方も参加していて色々な人と話し仲良くなることができました。インターンではなく、研究のために来ている学生さんもいましたが、皆サンゴや海が好きだという共通点があったのでとても楽しく過ごすことができました。インターンの時も周りの人たちが積極的に教えてくださるので安心して参加できると思います。サンゴ研究所のインターンに興味を持っている方がいましたら是非参加してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です