サンゴ塾スプリングカレッジ後半

サンゴ塾スプリングカレッジ後半

サンゴ塾スプリングカレッジin喜界島の後半は、それぞれの研究テーマの設定と発表です。

渡邊理事長と山崎所長、駒越先生によるガイダンス。

喜界島本校で学ぶサンゴ塾生の二人は、この一年間を振り返りつつ、自身の興味と探究心が向く方向へステップアップしていきます。

今回、じっくりと時間を取り話し合うことができました。

合間に、サンゴ塾オンライン体験版の最終回がありました。

喜界島本校の塾生2人もオンラインで参加!

ガイダンスのあとは、発表にむけて準備を開始。

前半のフィールドワークで砂を採取した白水のタイドプールは2018年のサイエンスキャンプで採水をおこなったポイントです。

タイドプール内の12ヶ所で採取したサンプルを塩濃度・pH・全アルカリ度・全炭酸を測定しており、そのデータから得た結果と考察を塾生がまとめ、今後の展開を導きだします。

先生からのたくさんの質問が…!今回は大学生と同レベルで厳しい問いかけが繰り返されました。

渡邊理事長からの総評です。

「自然界、特にサンゴ礁は複雑で、複雑の科学です」

「一気に解けることは、多分ありません。いろいろなことが実は動いている、あるいはいろいろなことが絡み合っているというのが少しずつわかっていくと良いと思います。
マクロでみても、ミクロでみても、色々なレベルで、例えば微生物もあるしそのレベルで動いているかもしれない。でもそれは小さいのでその全体の海水にどれくらい影響しているか、その量もわからなくてはいけない」

「今回調査した白水の自分達でも泳げるくらいのタイドプールは非常に良い素材です。小さなタイドプールを調べていますが、いろいろな事を知っていないと解けないパズルです。
そして、研究はアイデアだけではすすみません。アイデアにアクションがないと研究はすすみません。
でも、ここ喜界島にいるのであればすぐにアクションができる。その中で考える力・解決する力が身についてくると良いかな、と思います」

発表後の合間に、前半採取した砂を粒子のサイズごとにわけていきます。

よく見ると有孔虫(星の砂)が入ってるそうですが・・・

最後のガイダンスです。

サンゴ礁の価値を「過去」「現在」「未来」の時間軸で考えます。

隆起サンゴ礁でできた喜界島ならではのサンゴ礁文化から、地球を取り巻く項目までサンゴ礁がもたらす変化を議論しました。

研究所にいらっしゃった研究所会員の井伊さんとサンゴポーズ

今回のスプリングカレッジは、新型コロナウイルスの感染の影響で開催を見合わせることになりました。

スプリングカレッジを楽しみにしていたこども研究員のみなさんにまた会える日を、研究所一同楽しみにしています。

4月よりサンゴ塾のオンライン版をスタートします!

サンゴ塾 新年度塾生 募集はこちらから!

 

今週のサンゴ塾は喜界島でスプリングカレッジです!

今週のサンゴ塾は喜界島でスプリングカレッジです!

新型コロナウイルスの感染の影響で開催を見合わせることになったスプリングカレッジですが、喜界島在住の喜界島本校のサンゴ塾生(高校生2名)を対象におこなっています!

サンゴ塾 スプリングカレッジ初日〜冬の海でサンプル採取!〜
初日のスプリングカレッジの様子を動画にまとめました。

喜界島の北側にある白水集落付近のポイントへ向かいます。

このポイントは、左右の入江でサンゴの生育状況が異なります。

初日のフィールドワークは、分析のための砂を採取します。

亜熱帯に属する喜界島も風が強いとスノーケルするには気合が必要。

渡邊理事長と塾生二人は入水前に気合を入れます!

いざ、サンプルの採取へ!

現地でフィールドワークを行なうことに慣れている喜界島本校の塾生は、スノーケリング技術も上々です。

海中の様子はぜひ、動画でご覧ください。

初日の最後は、オンラインサンゴ塾「英語でサイエンス!」を現地で受講しました。画面にはサイエンスキャンプの有志たちがいて終始和やかなムードに。

サンゴ塾スプリングカレッジは3/26〜3/28の3日間にわたり行われます。

2日目はサンプルの分析をすすめる予定とのこと!お楽しみに!

(今回は、新型コロナウイルスの感染の影響で喜界島本校の塾生限定です)

〈イベント〉喜界島サンゴ礁科学研究所 こども研究員による発表「喜界島のサンゴについて」

〈イベント〉喜界島サンゴ礁科学研究所 こども研究員による発表「喜界島のサンゴについて」

科学道100冊2020ジュニア特別企画講演会
「知りたい」が未来をつくる!
喜界島サンゴ礁科学研究所 こども研究員による発表
「喜界島のサンゴについて」

日時:2/23(日)13:00〜14:30

場所:喜界町図書館(喜界町大字赤連30)

講師:喜界島サンゴ礁科学研究所・こども研究員
参加対象:小学生以上、大人の皆さんも是非ご参加ください
定員:30名程度

共催:喜界島サンゴ礁科学研究所・喜界町図書館

問い合わせ:
喜界島サンゴ礁科学研究所
TEL:0997-66-0200
喜界町図書館
TEL:0997-65-0962

〈イベント〉Coral Co2プロジェクト 報告会

〈イベント〉Coral Co2プロジェクト 報告会

Coral CO2プロジェクト報告会 in 喜界島

2/23(日)14:45~15:30
場所:喜界町図書館(喜界町大字赤連30)

Coral CO2プロジェクトのクラウドファンディングは111名の皆さんに応援いただき、 支援総額1,706,000円となり無事、プロジェクトが成立しました。 サポーターの皆様、本当にありがとうございます。

Coral CO2プロジェクトはまだスタートを切ったばかりです。 現在、ハワイで掘削したサンゴの骨格の解析を進めています。
報告会では北海道大学で進められている分析を皆さんへお伝えします。

主催:喜界島サンゴ礁科学研究所
お問い合わせTEL:0997-66-0200

渡邊理事長出演!大杉隼平さんショートドキュメンタリー映画公開

渡邊理事長出演!大杉隼平さんショートドキュメンタリー映画公開

大杉隼平さんのショートドキュメンタリー映画『KIKAIJIMA』が公開になりました。


サンゴ礁科学研究所の渡邊理事長が出演しています。
喜界島の美しい景色とともにサンゴ礁科学研究所の本部がなぜ、喜界島にあるのか。このショートドキュメンタリー映画にはその理由が詰まっています。

youtubeでご覧ください。

■youtube
https://youtu.be/g2De66kvTJc

KIKAIREEFS 11号 発行!

KIKAIREEFS 11号 発行!

サンゴ礁科学研究所ニュースレター「KIKAIREEFS」11号が発行されました!

目次

■日本サンゴ礁学会 第22回大会
・日本サンゴ礁学会公開シンポジウム「サンゴの記憶」
・北海道大学サンゴ礁地球環境学研究室ラボツアー
・中学生・高校生によるサンゴ礁研究ポスター発表

■アッカド帝国崩壊の原因をサンゴの化石から解明
北海道大学大学院理学院 博士後期課程 渡邉貴昭
(理事? 渡邊 剛、所長/副理事長 ?崎敦?)

■Coral CO2 プロジェクト報告会 in 北海道大学

■サンゴ礁科学研究所NEWS & インフォメーション

■連載:サンゴロジー「私とサンゴの関係」
東京大学 大気海洋研究所 樋口富彦 先生
たくましく生きるサンゴ

■サンゴ礁科学研究所インターンシップ生募集のお知らせ

==============================

サンゴ礁科学研究所ニュースレター「KIKAIREEFS」はメールにて無料配信をしております。

配信登録はこちらから!

メディア掲載のお知らせ

【シャコガイ殻に残された台風の痕跡~過去の台風の復元指標~】

521日にプレスリリースされた研究論文の記事が各メディアに掲載されました!リンクのURLからご覧になれます。

 

2018528日掲載

シャコガイの貝殻で過去の台風を分析 朝日新聞DIGITAL

https://www.asahi.com/articles/CMTW1805280100004.html

(2018528日掲載)

 

古代台風の実態 貝殻から解明へ -NHK NEWS WEB

https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180528/0000346.html

(2018528日掲載)

 

Giant clams tell the story of past typhoons PHYS.ORG

https://phys.org/news/2018-05-giant-clams-story-typhoons.html

(2018524日掲載)

 

田邊

漂着油に関する情報提供のお願い

20182月より奄美群島の海岸に油のかたまりの漂着が確認されています。

 

漂着状況の調査のため、喜界島の海岸で漂着油を確認された方は、①日付と②場所と③現場の写真を、研究所のFacebookまたはEメールにてご提供ください。

 

喜界島サンゴ礁科学研究所 代表Eメールアドレス

mail(at)kikaireefs.org (at)の部分を@に変更してお送りください。

 

みなさまから寄せられて情報は随時、Webサイトにて公開しております。

http://kikaireefs.org/oilmap.html

 

ご協力、よろしくお願い申し上げます。

 

(山崎)

 

喜界島サンゴ礁科学研究所

http://kikaireefs.org

 

サンゴ礁科学研究-IV ―喜界島サンゴ礁科学研究所設立記念号―出版のお知らせ

71日に海洋出版(http://www.kaiyo-chikyu.com/)から『号外海洋60号 サンゴ礁科学研究-IV ―喜界島サンゴ礁科学研究所設立記念号―』が出版されました。

 

開所以来、2年間にわたり4冊の特集号を出版し、計50編の論文を収録することができました。ご寄稿いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

これからも喜界島サンゴ礁科学研究所から最新の研究成果をご紹介していきます。今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

号外海洋60

サンゴ礁科学研究-IV ―喜界島サンゴ礁科学研究所設立記念号―

 

渡邊剛 他「サンゴ礁科学研究の次世代リーダーの育成とサンゴ礁と人類の持続可能な共生関係の構築に向けて」

渡邊剛・山崎敦子「沈みゆくハワイと浮き続ける喜界島のサンゴ礁」

佐々木圭一「喜界島における後期更新世サンゴ礁段丘の区分と分布」

西村裕一・渡邊剛・山崎敦子「喜界島の完新世サンゴ礁段丘地形」

駒越太郎 他「喜界島酸素同位体ステージ3の化石シャコガイ」

中谷里愛 他「喜界島産現生及び化石コマルキクメイシの骨格を用いた海洋同位体比ステージ3における古環境復元

阿部理・森本真紀・野坂信之「石西礁内に広く分布する黒点の解析とその応用」

岩瀬文人「四国の造礁サンゴ群集」

出羽尚子「かごしま水族館におけるサンゴ展示と研究の取り組み」

木村匡 他「日本における2016年のサンゴ大規模白化現象について:総括」

山野博哉・小熊宏之「画像を用いたサンゴ礁リモートセンシングの最近の展開」

佐藤崇範「サンゴ礁に関する「研究者資料」への科学アーカイブズ学的取り組み」

萩野恭子 他「円石藻Brmaarudosphaera bigelowii研究のこれまで・これから」

加藤亜記「石灰藻サンゴモ類の多様性―生きた石になる海藻の分類と生態―」

山崎敦子・渡邊剛「顕生代の地球環境変動とサンゴ礁」

 

喜界島サンゴ礁科学研究所 http://kikaireefs.org